ラミネート

ラミネートとは、複数の素材を貼り合せる事。
貼り合せた状態の物を複合材とも呼ぶ。

異なる性質をもった複数の素材を貼り合せることで、それぞれ単体の物の素材がもつ特徴をそのまま生かすことが出来る。

例を挙げると、肌触りの良い薄地の面ファスナーに、コシのある圧縮ウレタンを貼り合せることで「肌触りが良く、コシのある」素材が生まれる。
「ラミネート」することで、単品素材では得られない多くの機能をもった複合素材が誕生する。

貼り合せは2層、3層、4層の形で行われる。

会員証を紙のまま渡すと、財布の中でボロボロになってしまうが、
ラミネート加工をすることによって折れ曲がりを防げたり水濡れにも強くなる。

診察券や雑貨店などに置いてある、透明で少し硬いカードもラミネート加工されている。
中に普通の紙の会員証が入っているような感じのもの。