劣化

材料は、熱、光、放射線、反復使用、機械的摩擦、微生物、化学薬品などの影響を受け、
変色したり、亀裂を生じたり、機械的強度が低下したり、軟化したり、もろくなり、
実用に耐えなくなることがある。
このような現象を一般的に劣化という。

劣化は、材料を構成している原子の集合体、分子およびその集合体の構造が変化し破壊されることによるもので、
無機材料、有機材料、金属材料のいずれにおいても起こるが、化学反応性に比較的富む有機材料ではとくに多様な要因が複合的に働いて劣化が起こる。