アラビアゴム

アフリカ、ナイル地方原産のアラビアゴムノキまたはその同属近縁植物の樹皮の傷口からの分泌物を乾燥させたもの。
乾燥時にべたつかずわずかな水分で速やかに粘性を示すため、切手の接着面の糊にも使用されている。

天然樹脂からアラビアゴム溶液や製版液の原料となるものが採取できます。
使用用途として、水彩絵具の展色剤(バインダー)としても使われています。

アラビアゴムを固形で使用する時には、布で漉してゴミを取り除いておく必要があります。
濃度は使用目的により多少差はありますが、12~14ボーメの比重値にすると良いでしょう。

また、石版画で使用する際にはアルミ版で使用するときよりもやや濃く作っておく必要があります。