グルースティック

工業用に使われているホットメルト型接着剤を円柱状に成形したもので、この接着剤は古くから使われています。
木工品・おもちゃ・段ボール箱・自動車部品・電機部品・菓子・薬などの封緘、組み立てなど、身の回りで沢山使われています。
名前の様に、高温で加熱するとドロドロに溶け、冷えると元の固形状に戻ります。

塗ってから貼り合わせて数秒で固まるので、素早く、手を汚さずに作業ができます。
溶かす温度は低温タイプで120~130℃、一般的には170~210℃の温度で溶かします。
温度が低いと溶けていても接着力が出てきません。
高い温度を扱うので十分、火傷にはご注意ください。

また作業をする時は、必ず手袋を着用しましょう。

グルースティックは溶かす温度も重要です。
溶かす温度が低いと、十分な接着力が出てきません。
グルースティックは必ず溶かして接着する温度が指定されております。
その温度に合ったグルーガンを使うことが大切です。
PTCヒーターは材質が悪いと、製造されてから3ヶ月、6ヶ月、1年と経過すると温度がどんどん低下することがあります。
品質が良ければそのようなことはありません。
当社のグルーガンは、十分に品質管理された物を使っていますので、このような心配はございません。