続飯

そくい(読み)
そっくいとも呼ばれる。
古くに紙や木の接着に用いた、飯粒を練って作った一種の接着剤。