耐寒性

材料の低温における安定性をいう。
または、どれだけの寒さの下でも作動するかを示す尺度のことです。

(合成樹脂)成型材料としてのプラスチックは、一般にガラス遷移点以下の温度では耐衝撃性が低下して脆化する傾向にある。
また、ガラス遷移点は合成樹脂の種類によっても異なる。

プラスチックの耐寒性は、耐熱性評価と同様に、主に機械的変形(曲げ・たわみ)測定やアイゾット衝撃試験を常温下と低温下でそれぞれ測定して特性値の比較や保持率(%)で示す。
これらは、ULの温度インデックス試験やJIS K7216(プラスチック脆化温度試験方法)で規定されます。